« 会社→日本橋 | トップページ | 昨日と今日は休みでした »

2008年10月25日 (土曜日)

HP iPAQ hx4700魁

10月19日の記事の続きです。
バックアップバッテリの交換作業をするべく、日本橋に行って特殊形状のドライバー(トルクスレンチ)を購入してきました。

そもそも、この交換作業を行うきっかけとなったのは、もりすのモバイルな生活というサイトを発見したからであります。
また、このサイトは作業中も大いに参考にさせていただきました。
もりすさん、ありがとうございました。

使用したもの

  • 新品のバッテリー(Varta V6HR)
    コレがなかったら話になりません。(笑)
    俺はCYBER MERCHANTで購入しました。
  • トルクスレンチ(本来はT7だが、T6でもOK)
    共立で購入。購入時に店員に確認してもらったところ、T7がぴったりでしたが、俺の購入した安物のセット(\680)にはT6とT8しかありませんでした。ちなみに、どうしてもT7、ということになると単品で\1,000以上(汗)
  • 精密ドライバー(マイナス)
    旧バッテリーをはずすときに必要

さて、意気揚々と(作業用に)新聞紙を広げ、裏蓋のネジを4本中3本まではずします。

01_
赤丸をつけているところ、よく見るとHPのシールで封印されています。
ここを剥がすとメーカー保証外になってしまうのですが、既にメーカー保証外のWindows Mobile 6.0化しているので、そんなの関係ねぇ~(小島よしお風に)

ってコトで、開けました。

02_
赤丸をつけたところが、バックアップバッテリーです。
↓拡大図
03_

はずすときに導体のドライバーを使うのが恐かったので、爪楊枝とか耳かきとか試したんですが、いずれも強度に問題有り。
よく考えたら、旧バッテリーは消耗しきってるはずだからショートしても問題無いかな? という結論に達し、精密ドライバーで掻き出す(という表現がぴったりハマる)。

勢い余って飛んでいきました。happy01
(ま、すぐに回収したけどな)

新旧のバッテリーを並べてみると、やっぱり旧の方は微妙にふくれているのが分かります。
04_
左が古いバッテリー、右が新しいバッテリーです。

後はこれまでの苦労に比べると超簡単、ただハメ込むだけです。
05_
↑新バッテリーをハメ込んだところ

元通りネジを締め、(いや、メーカーの封印をはずしたわけだから厳密には元通りではないのだが、)起動。
試しに、メインバッテリーをはずしてみましたが、バッテリー容量低下警告も出ず、時計もリセットされません。(=ハードリセットもかかりません。)

こうしてhx4700は、また一つ、本来の姿から離れていくのでした。coldsweats01

|

« 会社→日本橋 | トップページ | 昨日と今日は休みでした »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162619/42900967

この記事へのトラックバック一覧です: HP iPAQ hx4700魁:

« 会社→日本橋 | トップページ | 昨日と今日は休みでした »