« 第1章・ランチタイムのひととき | トップページ | 第3章・そうね終わりは当たり前のように来るものだし »

2009年12月 6日 (日曜日)

第2章・Crack★Style

少し遅くなりました。13:30過ぎにSTORK入り。
入った瞬間は3次ミーハーだったけど、その後古めの選曲に変わりました。

いつも通りにWe Love系のテクノを踊り、ユーロを踊り、5.6.7.8.を踊って(笑)いました。

いつもと違ったのは、テクノで、最近いつもNEOでかかっているGravityが、m.o.v.eの歌っているバージョンでかかったのと、DDR曲がbutterflyではなくHEROだった(素直にDancemaniaの曲と書けよ、俺[m:74]w)ことでしょうか。
あ、間違ってもこんなステップは踏む必要ないですよ。(爆)
http://www.ddr.sh/steps/basic/h/hero/4m_hero_a_p.html

あ、あとはいつもと微妙に違う誕生日とか。(笑)
そういえば、いつも来ない人がいて、今日はいつもより微妙に人数が多かったです。


珍しくみったんと語ってたら、珍しくドリンクを追加注文してしまいました。(w
何気に酔っぱらいです。(ww

終了後は次の目的のため、ソッコーで出ました。



しかし、「ただ(振りを)知ってる人が踊るだけでなく、みんなが楽しく踊って盛り上がれるイベント」か、、、
ある意味納得やな。(謎)

|

« 第1章・ランチタイムのひととき | トップページ | 第3章・そうね終わりは当たり前のように来るものだし »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162619/46989644

この記事へのトラックバック一覧です: 第2章・Crack★Style:

« 第1章・ランチタイムのひととき | トップページ | 第3章・そうね終わりは当たり前のように来るものだし »