« 3月7日はまさかのトリプルブッキング | トップページ | そしてまた一人、星空へと羽ばたく・・・・・ »

2010年2月27日 (土曜日)

黒の衝撃

タイトルは、黒=(ドイツ語で)Schwarzにかけてみました。
昼からアフィリアキッチンズに入り浸りです。

というのも、後輩(店員)の一人、セト・M・シュヴァルツ様が今日で卒業(最終日)だからです。

途中、人数が増えてきてどうなるかと不安に思いましたが、なんとか最後の瞬間には立ち会うことができました。
彼女は、途中で泣き出すこともなく、最後の最後まで立派にアフィリアの店員としての使命(と言うと、ちょっと大げさかな?)を全うしておりました。

そうそう、先日の書き込みで「ノートPCにドリンクをこぼした」と、書きましたが、アレは俺がこぼしたんですよ。
それをわざわざテーブルの下に潜ってまで拭いてくれたんですよ。
「誰が」と書いてなかったので、一応補足しておきます。

しかし、最も悔やまれるのは、某マスターが横で泣いているのを見ながらも、何もしてやることができない己の無力さ・・・・・

|

« 3月7日はまさかのトリプルブッキング | トップページ | そしてまた一人、星空へと羽ばたく・・・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162619/47683050

この記事へのトラックバック一覧です: 黒の衝撃:

« 3月7日はまさかのトリプルブッキング | トップページ | そしてまた一人、星空へと羽ばたく・・・・・ »