« バレットソウル~弾魂~ | トップページ | 節分の日の緊縛の教科書(謎) »

2011年1月30日 (日曜日)

イナズマのごとく、皇帝ペンギン33号とともに去りぬ

1月30日は、学食アフィリアキッチンズのミミ・エルトベーレ様の卒業式でした。

ショ○とか二○元とか聞くとものすごく反応するところが印象的で、かなり前面に出ているのですが、実は密かに博学なところがあり、俺もいろいろ教えていただきました。

以前は、ニコニコ動画をよく見ておられ、また、ニコニコ動画に限らず踊りの方もかなり精通しておりましたね。
突然の「やらないか」や「ニーハイエゴイスト(の決めポーズ)」の衝撃は、今でも忘れません。(笑)

最近では、イナズマイレブンにハマっておられたようで。
ただそちらの方は、自分はあまり詳しくないので・・・・すみません。

ま、でも、そんな彼女なら新しい世界へ旅立っても、きっと周りを楽しませてくれることと思います。

最後は特に涙を流すでもなく、いつものように去っていきました。
なんか、次の日も普通にいそうな気がしました。

|

« バレットソウル~弾魂~ | トップページ | 節分の日の緊縛の教科書(謎) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162619/50744096

この記事へのトラックバック一覧です: イナズマのごとく、皇帝ペンギン33号とともに去りぬ:

« バレットソウル~弾魂~ | トップページ | 節分の日の緊縛の教科書(謎) »