« さぁ~て、今日の世界線変動率は・・・・・ | トップページ | NEO 04/18 »

2013年4月17日 (水曜日)

Visual Studio 2010 C++でソリューションをコピーするとエラー

複数のプロジェクトが格納されていて、かつ、依存関係を設定されているソリューションを、別フォルダにコピーして、それを開発環境上で実行(デバッグ)しようとすると、

「デバッガーはプロセスの実行を続行できません。プロジェクトファイル' 'は名前が変更されているか、またはソリューションには存在しません。」

というエラーが出ることがある。

Error01

さらに、ビルドしようとすると、

「プロジェクトファイル' 'は名前が変更されているか、またはソリューションには存在しません。」

というエラーが出る。

Error02

また、ソリューションのプロパティで、プロジェクト依存関係を表示しようとしても

「プロジェクトファイル' 'は名前が変更されているか、またはソリューションには存在しません。」

というエラーが出る。

Error02_2



これを解決するには、依存関係を設定し直す必要がある。
具体的には下記の手順となる。

  1. プロジェクトのプロパティを開く。
  2. 「共通プロパティ」-「Frameworkと参照」を開く。
  3. 「参照」-「名前」にあるプロジェクトをいったん削除する。
  4. 「新しい参照の追加」で再度追加する。
  5. ソリューション内に参照のあるプロジェクトが複数ある場合は、その全てについて上記3.~4.を実行する。

どういうワケか、Visual Studio2010からは、プロジェクト同士に依存関係がある場合(共通処理のDLLを先に作ってから、各アプリケーションのEXEを作る場合など)、「プロジェクトの依存関係」にチェックをつけるだけではダメで、インポートライブラリを手動で追加しないといけなくなったのです。

代わりに、今回問題となっている「プロジェクトの参照」だと、そのあたりを自動で設定してくれるのですが・・・・・

しかし、この問題を考えたら、従来通りの方法(プロジェクトの依存関係にチェックをつけてから、リンクするライブラリを手動で追加する)の方が便利かもしれませんね。

|

« さぁ~て、今日の世界線変動率は・・・・・ | トップページ | NEO 04/18 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162619/57193374

この記事へのトラックバック一覧です: Visual Studio 2010 C++でソリューションをコピーするとエラー:

« さぁ~て、今日の世界線変動率は・・・・・ | トップページ | NEO 04/18 »