« フリスタナイト | トップページ | SPモードメールからドコモメールへのメールデータ移行 »

2015年2月 8日 (日曜日)

機種変更

前置き>

俺の携帯電話使用履歴は、

P206
P501i
P502i
P504i
P901iS
P905i
P-07A
SH-03B(ただし思ったより使い勝手が悪く、数ヶ月で次のF-04Bへ)
F-04B

そして、P-07Aの時代に、回線追加。
そっちの使用履歴は、

T-01B
T-01C(ただし使い勝手が悪く、一瞬でT-01Bに戻す)
iPhone4S 時々、iPad Air
iPhone5s 時々、iPad Air

つまり、2015年1月前半まで、いわゆる「ガラケーとスマホの2台持ち」でした。
・ガラケー:F-04B
・スマホ:iPhone5s

本題>

「携帯電話のメール」と言えば、今までの流れからF-04B(ガラケー)の方で一生懸命打っていた。
セパレート携帯で、他の機種にはないフルキーボードが付いているとはいえ、それでもやっぱりPCなどに比べると打ちにくかった。

しかし、もう今時ガラケーはないだろうと(その時は)考え、スマホに変更することにした。

まずは、SPモード(iモード契約可)を追加。
最初、後ろに「iモード契約可」の付かないSPモードを選択してて、iモードを解約させられそうになり、びっくりしたのは内緒だ。

本当はこれだけでいいのだが、もう一つ重大な問題が。
通信量が半端なく、パケホーダイ必須なのです。
今までこちらの回線はガラケーでiモードしか使ってなかったので、大昔のパケホーダイ(\3,900-/月)でしたが、これだとSPモードに対応していないので、泣く泣くパケホーダイ・ダブル(iモード\4,200-/月、SPモード\5,700-/月)に。
もう、大昔のパケホーダイには戻せません。実は今までかたくなにガラケーを押し通してたのは、これが最大の理由です。

そして、機種の方もいきなりタッチパネルオンリーのスマホにするのもなぁ、、、と考え、docomoで唯一テンキーの付いたSH-02Dに変更した。(ヤフオクで\8,500-で落札。)



しかし、ネットの一部で「SH-02Dは地雷」と言われている通り、本当に地雷だった。(苦笑)

確かに、タッチパネルでありながら、ハードウェアのテンキーが付いていて、電話する時など数字のみを入力する場合は重宝するだろう。

だが、それ以外が全てダメだった。

・メモリがROM2GB、RAM512MBしかない。
・2011年12月発売の機種なので、古い。プレインストールアプリのアップデートが多数発生する。

上記2点の複合技で何が起こるかというと、、、

アップデートが多数発生するにも関わらず、ほとんど全てのアップデートがメモリ不足で異常終了するため、「メモリ不足でアップデートできませんでした」が頻発する。というか、エラー通知がなくなったのを見たことがない。

さらに、プレインストールでAndroidマーケットという古いバージョンのアプリストアが入っており、こいつが必ずGoogle Playストアにアップデートし、そしてこいつがまたメモリを多量に使用するのです。

ということで、何かやろうとするたびにメモリ不足エラーで落ちるので、そのたびにGoogle Playストアをアンインストール(Androidマーケットにダウングレード)して、やりたかったことを実行し、後日また勝手にGoogle Playストアにアップグレードしているので、この文章の最初に戻る、、、という悪循環。

他にも、

・反応が遅い。(メモリ不足のせいかもしれないが。)タッチパネルを押してから(ひどい時には)約10秒後にアプリが反応する。
・ハードウェアの数字キーが付いていながら、電話をかける時は、タッチパネルで電話アプリを起動してからでないと、数字キーでダイヤルすることができない。(ガラケーはいきなり数字キーの入力でダイヤルできる。)

そして、ハードウェアの数字キーが付いているとはいえ、タッチパネルで文字を入力中に、数字を入力するだけのために敢えてハードウェアの数字キーを出す、という行為をするのか、と。
(あとは、俺自身がiPhoneのフリック入力に慣れてしまった、というのもあるんですが。)


ということで、当初、1ヶ月は我慢してこれで運用してみようと思っていたが、約3日間で断念した。

実は、このSH-02D時代に、ひょんなことからドコモメールに切り替わってしまったのだが、それについては、、、、敢えてここには書かない。(謎)
ある時期に「【悲報】携帯電話でのメールの送受信が全くできなくなった。」とつぶやいたのはこれです。
ちなみに、SH-02Dはドコモメール非対応であり、それ以降SPモードメールの送受信が全くできなくなりました。

ただ、iPhoneやPCから見れるようになったので、ま、怪我の功名ってヤツですな。


そして、次に使用を試みたのは、SH-02E。
Android4.0です、最初からGoogle Playストアのアプリが入ってます。
完全にタッチパネルです、ハードウェアのキーボードはありません。

ただ、Xi端末なので、Xiの契約必須です。
Xiの契約でFOMA端末を使うことはできますが、FOMAの契約でXiの端末を使うことはできません。
(当初、後者であってもFOMAの速度で使えると思ってたのは内緒だぞ。(苦笑))

しかしやってくれました、NTT docomo。
FOMAの契約プランは従来通りなのですが、2014年6月からXiの契約プランが根本から改変されてた。
Xiは、基本料が数百円単位、Xiパケホーダイ・フラットが5,700円という頭だった俺には、とても衝撃的でした。
(まぁ、ドコモの告知を見てなかった俺も悪いのですが。)

まず、通話料がカケホーダイ2,700円固定、しかも強制一択。
通話なんかほとんどせず、毎月0円~数百円の俺に、2,700円も払えと。

そしてパケット通信が5GBで5,000円。
他にも、2GBで3,500円と、8GBで6,700円。
毎月のデータ通信量がだいたい2.7~3GBの俺には、2GBでは明らかに足りないし、でもその上は従来の7GBではなく、5GB・・・・・

一言で言うなら、俺にとってはどう見ても大幅値上げだったのです。
タダでさえ2回線で結構な金額が毎月かかってるのに、これ以上上がるのは勘弁・・・・・と思った俺は、ある一つの結論にたどり着いた。



その結論とは・・・・・

以下次号



じゃなくて。(笑)


ガラケーに戻しました。

それも、最後のガラケーであるF-04Bではなく、その2世代前のP-07Aです。


いや、もうガラケーでメール打つ必要は無いし。(上記の、ドコモメールの件参照)

となれば、特殊なキーの無い、かつ、最後のガラケーに戻すのが最良の選択かと。
(実際、P-07Aはテンキーしか無いことを除けば歴代のガラケーの中で最も使い勝手が良かった。)

|

« フリスタナイト | トップページ | SPモードメールからドコモメールへのメールデータ移行 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162619/61100971

この記事へのトラックバック一覧です: 機種変更:

« フリスタナイト | トップページ | SPモードメールからドコモメールへのメールデータ移行 »