« ルイミサ3周年エンカウント | トップページ | 神戸からの、大阪城・天保山 »

2017年4月 9日 (日曜日)

実際の開始日と、契約上の開始日は違う

梅田から難波のドコモショップへ。

先日の携帯電話の契約変更で、どうしても分からないところがあったので聞きに行きました。

■疑問点

・契約変更手続きをした日付:4月2日
・カケホーダイプラン(スマホ/タブ)の開始日:2017年4月2日
・はじめてスマホ割の適用期間:2017年4月2日~2019年3月31日

なのだが、

・カケホーダイプラン(スマホ/タブ)の契約期間:2016年12月1日~2018年11月30日
・更新月2018年12月~2019年1月

と、ずれているのである。

■結論

途中、いろいろ聞いたわけだが、結論から書く。

・定期更新の回線契約において、実際の開始日と、契約上の期間は、必ずしも一致しない。

実は俺、2007年12月にドコモショップでP905iに機種変更した。
そして自分でも忘れてたのだが、その時に、いちねん割引で申し込んでいたらしく、その時の契約期間が2007年12月~2008年11月30日(以後、自動更新)であった。

本当はそれ以前からもドコモの携帯電話を使っていたが、2007年12月の契約が初めての定期更新の契約であったため、そこが基準になったのです。

(本当は、それ以降にP-07A・SH-03B・F-04B・SH-02D(笑)を使っているのだが、それは自分で勝手にSIMを差し替えただけなので、ドコモショップは関知していないのです。つまり、ドコモの契約上は2017年4月1日まで、P905iを使ってることになってたのです。)

で、契約期間・・・・・というか今のプランだと2年ごとの更新月もそこを基準にしか算出されないので、結果として契約期間がずれる、ということが発生するのです。



もしかして、知らなかったのって、俺だけ??(滝汗)

|

« ルイミサ3周年エンカウント | トップページ | 神戸からの、大阪城・天保山 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162619/65125602

この記事へのトラックバック一覧です: 実際の開始日と、契約上の開始日は違う:

« ルイミサ3周年エンカウント | トップページ | 神戸からの、大阪城・天保山 »